Skip to content

心理学から相手に贈るプリザーブドフラワーを選んでみませんか?

皆さんは誰かにお花を贈るとき、相手の好きな色を選んであげることが多いのではないでしょうか。
贈る相手の好きな色がブルーなら、ブルーを中心にして探すと思います。もちろん、相手の好きな色をメインにしてプリザーブドフラワーを選ぶという方法も良いですが、色に注目してみませんか?すでに知っている人もいるかもしれませんが、色彩心理学というものがありますから、そちらを意識して選んであげるというのも良い事です。色彩心理学とは、簡単に言ってしまえば色に込められた言葉などです。プリザーブドフラワーは生花にはない少し変わった色もありますから、色彩について知っておくと、送るとき役立つこともあります。詳しく知らないという人は、ネットで調べてみると多くの情報が出てきますので、調べてみて下さいね。


-プリザーブドフラワーは色が重要?-

色彩に関して調べてみると、多くの情報が出てきます。
例えば「赤」だったらポジティブにさせるとか元気にさせる・勇気を出させるなどという意味が込められています。ですから、何か新しい事を始める人や何かを頑張っている人への贈り物として相応しいカラーです。「青」には精神を落ち着かせる・誠実な気持ちにさせるなどという意味があります。試験などの勉強をしている人や頑張り過ぎてしまっている人へ向いています。もっと親しくなりたいと考えている相手に贈るなら「黄色」のプリザーブドフラワーを選んでみましょう。他の色にもそれぞれ意味がありますから、調べて相手に相応しいプリザーブドフラワーを選んで贈ってあげるようにしてみてはどうでしょうか?紫や緑などにもきちんと意味がありますし、お花自体にも花言葉がありますので、そちらにもぜひ注目してみてはいかが。


-祝い事によって慎重に色を選ぼう-

色彩によってきちんと意味があるということについて、知っていただけたかと思います。
どんな色がどのような意味を表すのか知ることが出来れば、あとはそのイベントに合わせてプリザーブドフラワーを選べば良いだけです。結婚式であれば白や赤が相応しいですし、病院のお見舞いであればオレンジやイエローがおすすめです。緑はストレスが溜まっている人や、ケンカなどをしてしまって謝りたい相手にオススメだと言われています。その都度、その時の状況に合わせて色をしっかり見極めて贈るプリザーブドフラワーを選ぶようにしてみて。特に、オーダーメイドで作ってもらうという時には色のバランスに十分注意するようにして下さいね。また、サイトによって色の意味合いが異なる場合もあるので、複数のサイトに目を通しておくことをおすすめします!