Skip to content

プリザーブドフラワーをできるだけ長くきれいな姿で保ちたい

プリザーブドフラワーをギフトで誰かにもらったとしても、自宅で飾るために買ったとしても、できるだけ長くきれいなままの状態を保ちたいと思いますよね。
プリザーブドフラワーの魅力はなんといっても生花とは違いみずみずしい姿のまま長い期間置いておけるという点です。ですがその期間というのは、どんな状況で飾っているかで全然変わってきます。
期間を長くするのは簡単ではありませんが決して安くないものですから、すぐにだめにしてしまうのはちょっともったいないですよね。


強い湿度と高い温度はプリザーブドフラワーの大敵

高温多湿の状況下ではプリザーブドフラワーはそのきれいな状態を保つことができません。プリザーブドフラワーはとっておデリケートなお花ですから、取り扱いには注意を払いたいです。
強い湿気にさらされると着色液が漏れ出してしまいますし、逆に乾燥してしまうと花びらや葉っぱが乾燥してひび割れてしまいます。


明るすぎる場所にも気をつけて

直射日光や、強い照明の下に置いても、色あせの原因になってしまいます。日陰の風通しに置いておくことができれば、一番長持ちするといえるでしょう。
きちんと環境を整えることができれば数年はきれいなまま飾っておくことができます。