Skip to content

自分で作ったプリザーブドフラワーを写真に収めて

プリザーブドフラワーは手作りすることが出来るので、初めから作ってみるのもいいですし花材を購入してアレンジして作ってみるのもいいと思いますよ。
お店では取り扱っていない、自分だけの作品を作ってお部屋を飾ってみませんか?
自分で作品を作り上げたら、その出来上がった作品の写真を撮って収めておくことをおすすめします!


プリザーブドフラワーの写真を撮る理由は?

自分で作り上げたプリザーブドフラワーを写真に収めておく理由は、いくつかあります。
それはまた同じものを作りたくなった時、それをまねて再び同じもを作ることが出来るという事です。
そして、同じものを作ってしまわぬよう気を付けることが出来るからという理由もあります。
何より、自分が今までどのくらいの作品を作り上げてきたのかということを確認できますし、最初のころに比べてうまくなってきていることも確認できるから、写真を撮っておくのがいいんです!


作品ノートを作ろう!

自分が今まで作ってきた作品の詳細が分かるように、作品ノートを作っておくといいでしょう。
どんな花材を使ったのか、どんな入れ物を使ったのかなど記入をしていくんです。
その方が見やすいですし、また同じものが作りたくなった時非常に助かる存在になりますよ!

プリザーブドフラワーの作品展へ行ってみよう

プリザーブドフラワーに興味を持っている人も、最近では多いような気がしますが皆さんも興味ありますか?
枯れにくくて美しいまま保つことが出来るお花なんて、まるで魔法みたいじゃないですか。
実は、作品展が度々行われているみたいなので、好きな人は一度足を運んでみてはどうでしょうか?
素敵な作品が沢山ありますから、きっと何か得られるものがあるのではないかと思いますよ。


プリザーブドフラワーを堪能しよう

プリザーブドフラワーの作品展へ行ったら、どのようなものがあるのか堪能してみることをお勧めします。
どんなイメージで作られた作品なのか、どのような雰囲気が伝わってくるのかなど、想像を膨らましながら楽しみましょう。
一人で訪れるのも落ち着いてみることが出来るので良いですが、友達と一緒に行くと見方が違うので、また異なった楽しみ方が出来ます。


行くことが難しい人は?

プリザーブドフラワーの作品展に行きたいけれど、どうしても日にちが合わない・・・なんて言う人は、ネットやスマホを使って画像検索をしてみるのがいいでしょう。
ちょっとした時間などにみることが出来るので、ちょっとしたときに楽しむことが出来ます。
プリザーブドフラワーの種類が増えたことや需要が増えてきた影響で、画像も多々出てくると思いますよ。

プリザーブドフラワーが学べる教室が増えている?

実は、近年になってからプリザーブドフラワーを学べるという教室が増えてきているようです。
確かに、自宅でネットのお手本を見ながら作成していくのは大変ですし、効率もあまり良くないように感じます。
教室では最初から教えてもらえるみたいなので、初心者の人でも安心して始めることが出来るみたいですよ。
少々不器用でも慣れてくれば、それらしい手つきへ変わっていくと思いますからそんなに不安になる事は無いです。


プリザーブドフラワー教室に一人では恥ずかしい?

プリザーブドフラワーを学ぶ時に一人だけだとなんだか恥ずかしい・・・そう考えている人もいますよね?
でも、最近では一人で学びに来ている人も多いですし、お子さんや友達と一緒に来ている人も多いです。
特にお子さんは好奇心が旺盛ですから、喜んでプリザーブドフラワーを作りそうですよね!
友達同士で学びに来ている人達も、普段とは違った楽しみ方が出来るからいいかもしれないです。


慣れてきたら本格的に

プリザーブドフラワーを作ることに慣れてきたら、今度は本格的に作ってみませんか?
お店で売られているようなお花を意識して作ってみるのも、なんだか楽しくていいと思うんですよね。
デザイナーになったつもりでプリザーブドフラワーを作れば、きっといい作品を作ることが出来るのではないでしょうか?

自分でも作れるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、お花屋さんや通販サイトで購入することが出来ますが、自分でも作ることが出来るんです。
材料をそろえたりするので、家に材料がない人は費用が少しかかってしまうかもしれませんね。
それが嫌だという人や、最初から作るのはちょっと厳しいかもしれないと考えている人は、花材だけを購入してもOK。
花材を購入して、入れ物へ自分なりに飾るのも手作りに入ると思いますから、ぜひ楽しんでみては?


プリザーブドフラワー作ったらどうする?

プリザーブドフラワーを自分で作ることが出来たら、部屋のどこかに飾ってみるのが良いですね。
そのお部屋の雰囲気がガラッと変わりますし、友達に贈ってあげるのでも構いませんよ。
自分で作ったと言ったら、贈られた側もきっとびっくりするはず!
変わった色のお花もありますから、それだけの組み合わせで作るのもまた特別な感じが強く出せていいかも。


失敗したって大丈夫

プリザーブドフラワーを作るときに失敗してしまう人もいますが、落ち込むことなんてないですよ。
だって、その失敗は次の作品を作るときに役立つじゃないですか!
あの時はこうやって失敗してしまったから、次はこうしてみようかな?ってなりますから、決して無駄なんかじゃありませんよ。
前向きに自分だけのプリザーブドフラワーを作っていきましょう!

プリザーブドフラワーの管理の仕方は?

プリザーブドフラワーが人気になってきていますが、その管理の仕方について皆さんは分かりますか?
お花だからお水をあげてちゃんと陽の光にあててあげて・・・という考え方は間違っているんです!
生花ならその育て方で合っているのですが、こちらのお花は特殊なのでそれはお花をダメにしてしまう行為なんですよ。
お水を与えてはいけないですし、直射日光にも弱いので避けるようにしてあげるのが一番です。


プリザーブドフラワーのホコリはどうすれば良い?

プリザーブドフラワーを飾っていると、花びらにホコリがついてしまったりします。
そのまま素手で触れてしまう事だけは絶対に避けるようにして、柔らかい素材のタオルなどで軽く払ってあげましょう。
素手で払ってしまうと花びらが傷んでしまうので、柔らかい素材のものでお願いします。
一番いいのは、透明なケースに入れてあげるとかガラスケースに入れてあげることです。


どんな楽しみ方がりますか?

一番の楽しみ方は、自分の目で見て楽しむといった方法ですが、毎日一枚ずつ写真を撮っていくのもいいでしょう。
目で見るのは一瞬で終わってしまいますが、写真にして収めていくことで色の変化とかを楽しむことが出来るので、こちらの楽しみ方もいいと思いますよ。